🌼ツラいマスク頭痛の解消法~そして意外と全身に及ぼしているマスクの影響~

こんにちは🌿

相変わらず新型コロナが収まりませんね。変異種とか…。ほんと早く落ち着いてほしいですね…。

先日お客様から「やっと見つけたサロンなのでお店やめないでね」というとっても嬉しいお言葉をいただきました✨

ありがたいことに、うちのサロンにいらっしゃって下さるお客様は本当に良い方ばかり✨

コロナに負けず、皆様に喜んでいただけるようにサロン頑張ります😆❣️

皆様が健康で穏やかに日々過ごされますように。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

新型コロナが流行り始めて約1年。マスク生活が当たり前になりましたね。

感染しない・させないためにもマスクは必須。

でも、マスクをしていて頭まで痛くなったことはありませんか??

私はこの間久しぶりにこの『マスク頭痛』になりました 泣

 

マスク頭痛が起きるメカニズムは主に次の2つと言われています。

1.側頭筋が緊張する

2.酸欠状態になる

 

マスクをしているとゴム紐により長時間耳が引っ張られ、耳の上の側頭筋という筋肉に負担がかかります。

この側頭筋の緊張状態により締め付けられるような頭痛が生じます。

側頭筋は咀嚼筋のひとつで下顎骨にくっついており、口を閉じて咀嚼を補助する働きをします。

ちなみに食いしばりや歯ぎしりをする人はこの側頭筋を使うので頭痛が起きることがあります。

特にストレスを感じているときは無意識に食いしばりをしていることがあるので要注意です。

さらに、側頭筋の緊張が続いてしまうと頭痛だけでなく筋肉が固くなってエラが張ったりと顔も大きくなってしまいます!

側頭筋は胸鎖乳突筋とも関連しているため、首のコリにも影響してきます。

あなどれない側頭筋。

 

2.の酸欠状態による頭痛はズキンズキンと拍動性の脈打つような頭痛が特徴です。片頭痛と似ています。

マスクをしていると自分の吐いた二酸化炭素の多い息を吸う状態になるので酸欠状態になりやすくなります。

すると優先的に脳に血液を送ろうとするため脳血管が拡張し、脈拍が増加します。

拡張した血管が痛みの神経に触れることで頭痛が生じます。

また、酸素が不足すると頭痛以外にも体に様々な影響がでてきます。集中力の低下、疲れやすさ、眠気、めまい、目のかすみ、などなど。

なんとなく心当たりありませんか??

マスクは大事ですがマスクによる身体への影響は地味に多く、意外と多大ですね!

 

ではマスク頭痛を解消するにはどうしたらいいのか??

1.側頭筋&耳をマッサージする

①人差し指と中指で耳を挟むように手を当て耳周りを後ろに円を描くようにマッサージします。

②耳の上の頭皮を側頭筋を動かすイメージでマッサージします。

③耳を心地よいと感じる力加減でモミモミします。

④3方向に適度な力で3回ずつくらい引っ張ります。

耳、硬くありませんか?そして結構痛くありませんか?

耳つぼという言葉聞いたことがあると思いますが耳は色々すごいので、これはまた後日詳しく…。

側頭筋を出来るだけ緊張させないために、たまに耳の上のゴムを外したり、ゴム紐が食い込まないように頭の後ろでゴム紐をとめるグッズなどを使う方法もありますね^ ^

 

2.マスクを外して深呼吸をする

人のいないところでマスクを外して深呼吸をしましょう!!

酸素をたくさん取り込みましょう!!

マスクにより口と鼻を覆われていることで無意識に呼吸も浅くなりやすくなっています。

深呼吸はとっても手軽なリラクゼーション。

集中力が途切れてきた時、ぼーっとするときにも換気と深呼吸はおすすめです。

 

 

ひとつ注意点ですが、ズキンズキンと脈打つ頭痛の場合は血管が拡張しているので温めてはダメです。

動くと痛みが増悪するような頭痛の時です。

おそらく顔がほてっていると思うので、拡張した血管を収縮させるために頸動脈(首)やほっぺを冷やすのが効果的です。

 

感染予防をしつつ、マスクによる不調をケアして元気にコロナを乗り越えていきましょう!!😆

 

関連記事

PAGE TOP